愛しているのはピアノだけ。
| Login |
 ブログランキング・にほんブログ村へ←ランキング参加中。ポチッとお願いします(^^)
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年06月01日 (金) | 編集 |

5月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:1309ページ
ナイス数:23ナイス

更年期少女更年期少女
タイトルみて近い将来の自分のことかと思った(笑)なさそうで、ありそうで、やっぱりあったらかなり怖い女同士のドロドロ。わたし自身、いつまでも乙女の心は失いたくないと思っているけれど、人間として成熟する部分は、ちゃんと育てておかないと。って思った。純粋さと幼稚さは違う。うまく熟せず腐敗しちゃうと、こんなになっちゃうのかなぁ。あるわけない!と思いつつ、妙にリアルで怖かった。ラストには、ビックリ。あれ?ちょっと不自然。とか思ってはいたけど、すっかり騙されてました。自戒の意味も含めて5年後くらいに、また再読したい。
読了日:05月28日 著者:真梨 幸子


バイバイ、エンジェル (創元推理文庫)バイバイ、エンジェル (創元推理文庫)
推理小説としてトリックは、とても面白かった。主人公、矢吹駆の哲学的説明の半部以上が、なにが言いたいのか、よくわからなかったけど・・・。推理小説に出てくる、よくいるタイプの探偵批判は面白かった。駆の言い回しが面倒くさくて疲れたし、あんまり共感できるキャラがいなくてイラッとしたりしたけど、トリックが斬新で面白かったので、駆シリーズの2作目も読んでみたいと思う。
読了日:05月19日 著者:笠井 潔


ジェノサイドジェノサイド
面白かった。主人公達と一緒に冒険した気分。戦争シーンがリアルで怖かった。親子愛もあって、一応ハッピーエンドなので読んだ後の気分は良いけど・・・よーく考えると、ちょっと怖い。人類の最後は、地球の温暖化とかで地球と一緒に滅んでしまうのだろうと漠然と思っていたけれど、次の新生物によって滅ぼされることもあるわけで。知力も武力も脅威ではなく、本当に怖いのは、それを使う人格だ。というセリフが印象に残った。地球のためには、今のままなら、人類が滅んで世代交代した方が良さそう~。
読了日:05月08日 著者:高野 和明



2012年5月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。