愛しているのはピアノだけ。
| Login |
 ブログランキング・にほんブログ村へ←ランキング参加中。ポチッとお願いします(^^)
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年06月27日 (水) | 編集 |

江ノ電は、ラッシュの電車のように混んでいたのだけど、
電車が揺れるて、ギュウギュウの押されるたび
なにがおかしいのか、ケラケラ笑う子供がいて、癒された。

笑い声につられて、わたしも笑ってしまう。
笑う。って、凄い。
楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ。
という言葉を思い出した。それって真実よ

kanalura11.jpg

とうとう、江ノ島!!

江ノ島って、島だよ。本当に。

今回の旅のスタートは、わたしが『江ノ島』はたんなる地名であって
本当に〝島〟であると知らなかったことから、はじまった。

こんな感じで〝島〟なんだね(笑)

kanakura12.jpg

江島神社。

江ノ島ついてすぐに、しらす丼とビールで乾杯したので
すでに、ほろ酔いだったのだが、
さらに神社下の店で江ノ島ビールを購入し
ラッパ飲みをしながら、いっきに階段を上がる

kanakura13.jpg

息切れて、登りきったところに観音様。
慈悲深い。

「酔っ払って、不謹慎かなぁ。」と不安になる気弱なトモリカに
「お酒で清めてる。って思えば?」とポジティブ・むんでぃ

kanakuea14.jpg

海!!

海を見るなんて、何年ぶり
あぁ、わたしは、この景色が見たかったのだわ。って気がついた。

kanakura16.jpg

kanakura19.jpg

kanakura21.jpg

kanakura23.jpg

目に映る、すべての風景が感動的である。というミラクル。

海で、釣をしている方たちと、お話ができた。

kanakura24.jpg

こんなのが、バンバン連れるらしい。
今度いつか、釣したい。

kanakura25.jpg

だんだんと夜。

kanakura26.jpg

海見てたら、いつのまにか泣けてた。

悲しかったり嬉しかったりの涙じゃなくて、
自分でもよくわかんない。

でもポロッと1滴、涙が出たら、体が軽くなった。
なんだったんだろう?
海が、わたしのなにかを引き受けてくれたのかも。

kanakura27.jpg

この木。根っこの方で1本の木になってるの。
恋愛成就の木なのですって。

kanakura28.jpg

夜景見ながら、ごはん。

kanakura29.jpg

帰り際。まだ帰りたくなくて、海に入る(笑)


楽しい。とか、そういう言葉で表せないぐらい、
わたしにとって、大切な旅となった。

歩きながら、食べながら、いろんな話しをした。

わたしは、いつも漠然と自信がなくて、漠然と不安で。
でも、その漠然としたものを見ないようにしちゃう。

怖いから。


まだまだ、トモリカは発展途上だよ!!

家族や、むんでぃさんや、ピアノの友達
いまだに付き合ってくれる同級生、近所のお友達
職場の仲間。

わたしを差さえてくれる人たちに、呆れられないように
恥ずかしくないように生きよう。
って思った。


ちょっとづつでも、変われたらいいな。

強く。優しくなりたい。


そして、少しでも成長した自分を連れて
また行こう。江ノ島


ありがとう。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。