愛しているのはピアノだけ。
| Login |
 ブログランキング・にほんブログ村へ←ランキング参加中。ポチッとお願いします(^^)
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年12月02日 (日) | 編集 |

2012年11月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1365ページ
ナイス数:43ナイス

うさぎとマツコの往復書簡うさぎとマツコの往復書簡感想
軽い内容の本だと思って読みはじめたのに、なかなか重い内容で深かった。「人生は地獄か砂漠かの二択。」というのは極論ではあるけれどある意味当たっているように思った。自分が悩んでいたり苦しかったりすることって、程度の差はあれ、みんなぶつかっていることなのかなぁ。と感じた。解決はないけど考えることで救われることもあるのかなぁ。と。続編も気になりつつ。読むと心が疲れるので、体力のある時に読みたい。
読了日:11月29日 著者:中村 うさぎ,マツコ・デラックス


奇面館の殺人 (講談社ノベルス)奇面館の殺人 (講談社ノベルス)感想
推理ものが読みたいな。って思った時、館シリーズはハズレなしの安定感。全部シリーズを読んでいるわけではないけど、その中でも、この作品は好きな方です。館の仕掛けも推理も、それほど意外性のあるものでなかったのが、かえって受け入れやすかった。しかし、携帯とかパソコンが普及すればするほど『密室』とか『アリバイ』とか無理なく成立させるのが難しくなったなぁ。推理小説を書く方たちのご苦労を思ってしまった。
読了日:11月20日 著者:綾辻 行人


鬼談百景 (幽BOOKS)鬼談百景 (幽BOOKS)感想
短編というよりショートショート?3ページぐらいの怖い話が、本当に100話ありました。学校の七不思議的なレベルの話や、日常のちょっと怖い不思議な話が、たんたんと続く。最初は「あんまり怖くないなー。」と思っていたけど、作者の感情や余計な説明がほとんどないので、本当に誰かの体験談を聞いているようで、読んでいるうちにジワジワ怖くなった。家でひとりで読んでいる時、ミシッと音がしてビクッとした(笑)
読了日:11月7日 著者:小野不由美


百年法 下百年法 下感想
今年1番の面白さ!でした。物語の長さを感じさせないで一気に読んだ。不老不死は人類の夢なのかもしれないけど、叶わないからこその夢であって、人生は、やはり終わりがあって美しい。遊佐みたいな本当に国の事を1番に考えてくれる政治家がいれば今の日本も変るのに。その前に国民も文句ばっかり言っていないで賢くならなきゃね。などと、ふだんポケ~としているわたしも、にわかに考えてしまいましたよ。とりあえず遊佐と結婚して支えてあげたかったよ!
読了日:11月5日 著者:山田 宗樹



読書メーター


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。