愛しているのはピアノだけ。
| Login |
 ブログランキング・にほんブログ村へ←ランキング参加中。ポチッとお願いします(^^)
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年01月23日 (土) | 編集 |
とうとうバーナムのみ。という単調なレッスンから開放
「トモちゃんの好きそうな大曲を探しておきましたよ。」と
先生に渡された新しい楽譜。

ポールの『渚のアデリーヌ』です
ウチにCDあるし。知ってる曲って嬉しい(*´∀`*)
さすが先生、よく、わかってるわ~。

100123.jpg

でも、私に弾けるか、不安。
早速、先生に弾いてもらって、とっさに読めない音符はカナふってみたのだけど・・・

1001232.jpg

右手と左手の合わせるところのタイミングが合わないし、
ジャジャジャジャジャジャって、自分で何回叩いたか、わからなくなるし、
しかも、下段部分の音階の幅がありすぎて、
どこまでが左手担当なのか楽譜を見ても、わからないという前途多難さぶり(;´Д`)

下段から、上段へ、こんなにビヨ~ンと伸びた音符、はじめて見たわ。
これって、ト音記号で読むの??

まったく弾けるようになる気がしないのだが、
家に帰って、YouTubeで見たら、小さい男の子が発表会で弾いてた。

なんとかしなくっちゃ。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。