愛しているのはピアノだけ。
| Login |
 ブログランキング・にほんブログ村へ←ランキング参加中。ポチッとお願いします(^^)
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年10月04日 (月) | 編集 |

親不知を抜いてから、好きなように、なかなか食事がとれなくて、
その反動か、食欲を抑えきれません。

日曜日だって、広いお庭に舞い上がってしまったとは言え、
確実に、飲み過ぎ、食べ過ぎでしたよ・・・

その前は、おサルに愚痴を言いながらも、ピザ食べ放題だったし。

ちょっと控えなくては・・・
と、思っていたら、明日は『中華料理』のお誘いが

じつは、ここ何週間か前から、やたら“中華”が食べたくて
ブルブルきていたのだけど、
本当に「願うことは、叶うこと。」なんだな☆

すごいなぁ。わたしの“食”を、引き付けるパワー
あぁ、恋とか、お金にも、このパワーが発揮出来るといいのにぃ。

と、言うわけで、

明日に備えて、胃腸を休めるべく、今日は読書の日でした。

101004.jpg

同じ時間を繰り返す能力をもった主人公。
何度も、繰り返す毎日。そこで、起きた殺人事件。
殺されたのは、祖父の零治郎!?
祖父を救うべく、殺人事件を、なんとか防ごうと頑張るのだが・・・

と、言うお話。

わたし、本当は、あんまり漫画っぽい設定のミステリーって好きじゃないんだけど。
テレポーテーションとか、人の心が読めるとか・・・

でも、この小説の中に出てくる、タイムスリップのような能力は
きちんとルールが決まっていて、ご都合主義じゃないし、
どっちかというと、そんな能力ならいらない!という感じの不便さ。

主人公も、至って、普通。
妙に、頭が良いとか、洞察力に優れている訳でもないので、
ひとり奮闘する姿に、共感もてました(^^)

最後のオチも、納得です。

あんまり重いドロドロした話を読みたくない時には
おススメ♪




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。