愛しているのはピアノだけ。
| Login |
 ブログランキング・にほんブログ村へ←ランキング参加中。ポチッとお願いします(^^)
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年05月24日 (火) | 編集 |

発表会が終わって、スッキリのんびり
昨日、今日と、1度もピアノに触ってませーん

そして久々の、ゆっくり読書。
まったり、くつろぎタイムを過ごす予定だったのだが・・・
選ぶ品を間違えました

いや、もう、心臓バクバク怖かったよー!!

110524.jpg

五十嵐貴久の『リカ』
ミステリー的なのを期待して読み始めたのだけど、
ミステリーというより、ホラーですね。

よくみたら『ホラーサスペンス大賞受賞作』でした

妻子を愛する42歳の平凡な会社員、本間は、
出来心で始めた『出会い系』で、リカと名乗る女性と知り合う。
最初は、自信なさげな大人しいリカに好感を抱くが、実は彼女は、恐ろしき〝怪物〟だった。
軌道を逸した手段でストーキングするリカ。その狂気に本間は追い詰められてゆく・・・


まぁ、妻子を愛する平凡な会社員が、出会い系で知り合った女子に、
舞い上がって、携帯番号を教えたりするかは、別として。

このリカの異常っぷりが、怖い

パソコンに、やたら精通してたり、タクシー追いつくスピードで走っちゃったり、
撃たれても死ななかったり、目に白目の部分がなくて真っ黒だったり、
外科手術が出来ちゃったり、監視の目を潜り抜けて、いきなり標的の前に現れたり、

で、リカの正体は、ロボットか宇宙人だな!と思いつつ
途中、苦笑いで読んでいたりもしたんだけど・・・

この文庫本単行本未発表の衝撃のエピローグがついた完全版なのですよ。

この、衝撃のエピローグが、やたら怖かった!!
てか、後味悪~。

なんかもう、救いがないの
本間は、ダメな男だが、その代償は、大き過ぎ。

このエピローグがなければ、ちょっと笑っちゃうけど、
ハラハラ、ドキドキのスリル満点!!な、ホラー小説なんだけどなぁ。

今度は、もう少し、サッパリした本が読みたいな。



・・・しかし、いい加減に、そろそろピアノに触らないと
まったく指が動かなくなる。という、
小説よりも恐ろしい現実に、襲われそうだな~f^^;







コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。