愛しているのはピアノだけ。
| Login |
 ブログランキング・にほんブログ村へ←ランキング参加中。ポチッとお願いします(^^)
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年07月02日 (土) | 編集 |
普段から〝あんまり子供に関心が無い〟と思われがちなトモリカですが、
本当は、そんなことないのです。

ちゃんと考えてますよ!




今日は、こんなところで、お勉強してきました。

第20回家庭教育講演会。
『子供が挫折する親のタイプ』

ですって。

うちの子、どうなんだろう?
ゲームは、殆ど最後までクリアするし、クリアしてからも
全キャラ、レベルMAXさせるまで頑張るし、
あんまり〝挫折する子〟というイメージはないのだが・・・
が、これは、ちょっと問題が違うかもしれないなぁ

お話しの内容は、おおまかには、

子育てをする上で、保護すること。干渉すること。期待すること。
は、とても大切なことなのだが、
これを、度を越してはいけないということ。

過保護。過干渉。過剰期待。は、絶対、ダメ。

過保護。は、自分でも、思い当たる。
出来れば子供には、ひとつも嫌な思いをさせたくない。
(そんなことは、無理だとわかっていても。)
傷つけたくないから、傷つけないように、ついつい先に手を出してしまう。

本当は、じっと遠くから見守って、転んだ時も手をかさずに
自分で立ち上がるのを待たなくてはならない。
立ち上がった時に、はじめて「頑張ったね。」と抱きしめるのだ。

わたしなら、転んだ子供を起こそうとして、自分も転び
子供の重石になってしまいそう


あと、父親の役割の大きさ。

ウチには、父親がいないから、ちょっと胸にズキンときた。
でもね、父親の存在を子供に話してあげればいいんだって。

どんだけ、愛されていたかを伝えることが重要。

これは、どうだろう?伝わっているかな・・・
どっちかというと『なかったこと。』にしてしまっているような
反省☆

110702.jpg

講演を聞きながら、
これは、出来ている。出来ていない。を繰り返していた。
全部が、あてはるわけじゃないし、
共感できたり、出来なかったりの部分も、もちろんあったけれど、

お話ししてくださった丸山貴代先生の話し方が、とにかく上手い!!
プロなんだから、あたりまえなのかもしれないけど、
子供と、その親に対する愛情が、ヒシヒシと伝わってきて
途中、何度か、ジーンときちゃいました。

子育てって、難しい・・・親は、みんな子供を愛しているんだよ。
(そうでない親も、たまにいるが。)
親だって間違うこともあるけど、間違えたら、素直に謝って反省して
愛していることを、そのつど伝えていくしかないのかなぁ。と思った。

最後に先生がおっしゃった「死ぬまで、子育て。」
と、いう言葉が印象に残った。

子供が大人になっても、親は親として、
どう生きて、どう死んでいくかを見せなければならない。



・・・さて、わたしは、これから、どうしましょう?

そういうことを、考えながら生きていこう。







コメント
この記事へのコメント
こんばんわ
足跡からきました。
(そうでもない、親もたまにいるが)に笑っちゃいました。
トモリカさんがお母さんでお子さんたちよかったねって。
また拝見しにきます。
2011/07/02(土) 23:01:28 | URL | ゆい子 #-[ 編集]
あぁ
おはよう(゜▽゜)/

私が厨房なのは、"親"として人生の徳を積む機会がないからなのね…。
トモリカさんは"一生、親"、私は"一生、厨房"をやり通そう、どちらも辛いぞ(笑)。

私の場合は、そもそも、男っ気が足りなさ過ぎだし(笑)。ま、男に好かれないのはモノ心ついた頃から解ってたけどぉ(¬з¬)。一度くらい、好かれてみたい気もする…。



さて、笑。
中村メイ子さんがまだ若いママだった頃、幼い娘さんに言われて、はっとしたそうです。
「ママ、私を育てるのは初めてでしょ?」

一期一会だわぁ…

子供をいい意味で"他人"と見られる一瞬があればいいんじゃないかなぁ、子育て。三輪様のいう"親しき仲にも礼儀あり"です。
2011/07/03(日) 09:05:14 | URL | むんでぃ #-[ 編集]
お初でコメントします。

彼女すらいないので親になることすら想像できない私ですが、
深くは考えずに出来ることからやっていくのが一番かと思います。
親にも出来ることと出来ないことがあるんですから、
諦めるより挑戦する姿を子供に見せる程度で良いと思います。

挑戦して失敗したなら謝れば良いと思いますが、
挑戦せずに失敗したら後悔が残るだけですし。
「日々精進なり!」とか言ってみたり。

何か自分でも何が言いたいのかよくわかんなくなりました。
乱文ですいません。
2011/07/03(日) 12:04:15 | URL | すーす #HtUh3HSw[ 編集]
ゆい子さんへ
コメントありがとうございます。

わたしが親で良かったのかなぁ・・・
そのことに関しては、一生、自信が持てない気がします。

ゆい子さんのブログも、子育ての参考になりそうです。
また、きて下さいね^^
2011/07/03(日) 12:22:48 | URL | トモリカ #1wIl0x2Y[ 編集]
むんでぃさんへ
どうなんだろう?

出産経験がなくても、尊敬出来る方は、たくさんいますし、
何人産んでても・・・はぁ?って人もいるし。

わたしのように、一人暮らし経験ナシで、
今も親と同居で、いろいろと助けてもらっている身としては
自活している人こそ、大人だなぁ。って思いますね。

どう生きようと、所詮、人は、ひとりですよ!
最近、そんなことを思うようになりました。
だから、親子は他人。(もちろろん悪い意味じゃなく)
その言葉に、激しく共感です。

が、しかし、ねぇ。
むんでぃさんの場合、男性に好かれていても、
気がついていない可能性あり。ですよ。

人に対する愛情って、特別なものじゃなく
案外、簡単に生まれるものだと思うけど。

友達もいない。って言うしさ。
わたしだって、友達なのにー!!ムキーッ!!
(根に持ってて、ゴメンね。)
2011/07/03(日) 12:44:32 | URL | トモリカ #-[ 編集]
すーすさんへ
コメントありがとうございます。

うん。なにか言いたいこと、わかる気がします。

〝親〟であることの、正解パターンは、ないのですよね。
〝子供〟も100人いれば、100パターンですから!!
その場、その場で、自分なりに愛情を持って、対処していく他ないのかと。

「日々精進なり!」って、良い言葉だわ。

お手本になるような大人には、なれそうもないけど、
その精神で頑張りたいと思います。

すーすさん、お若いのに、そういう考え方が出来るって凄いと思う。
いつか素敵なご家庭を作れそうな予感です(^^)

その前に、素敵な彼女できますように★
2011/07/03(日) 12:54:10 | URL | トモリカ #1wIl0x2Y[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。