愛しているのはピアノだけ。
| Login |
 ブログランキング・にほんブログ村へ←ランキング参加中。ポチッとお願いします(^^)
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年10月03日 (月) | 編集 |

最近、なにをするのも面倒くさいのだけど。

お風呂入ったり、歯を磨いたり、そういう普段の生活の流れに
自然と組み込まれているであろう作業すら
やろうとする前に、一瞬「面倒くさー。」って思う★

そんなわけで、ブログ更新も滞っているわけだが、
面倒くさー。って思っているだけで、ちゃんとお風呂にも入っているし
歯も磨いて、バイトも頑張って、

1日には、ピアノ練習会でウキウキして
2日には、再びスポーツジムで筋トレでウヘウへして、

それなりの日々を過ごしております。


そして、なぜか消えない読書欲!!

乙一の『死にぞこないの青』読みました。

111003.jpg

小学校の先生が、ひとりの少年マサオをイジメの標的にして
クラスを上手く運営してゆこうとする話。

先生は、他の誰かが授業中に騒いでも、宿題を忘れても
全部マサオを原因にする。
先生の態度をみて、クラスメイトまでもがマサオを軽く扱うようになる。
すっかり孤立したマサオの前に、異様な風貌をした〝死にぞこない〟の青が現れる。

なんとも、えげつない話であった。

共通の敵を持つと団結力が強くなり
自分より不幸な人間や、身分の低い者をみると安心する。
という、人の嫌な習性を目の当たりにした感じ。

小説なので、極端な設定ではあったけれど、
でも、こういう状況って、実はよくあるんだろうなぁ。と。

マサルが大人であっても、かなりキツイけど、
ましてや子供は、家と学校が世界のすべて。
その中で、逃げる方法も戦う方法も、わからず
順応してゆこうとするマサオが、せつない。

ネタバレになるので、ラストは言えないけど。

イジメとか不平等って、わかっていても、
直接、自分にふりかっかってこないと、なかなか行動にうつせない。
わたしが、マサオくんとクラスメイトだったとしても
みんなと一緒になって苛める事はしないだろうけど、
きっと、表立って助けたり出来なかっただろう。

それって、マサオをターゲットにした先生と、同罪。

そんな自分を、反省。






コメント
この記事へのコメント
こんばんは。霜月です。

トモリカさんのブログ更新頻度で「滞っている」のなら
自分はいったい・・・wwwwww

それにしても相変わらずいろいろ意欲的にやってらっしゃいますねぇ。
読書欲なんて、自分の場合はマンガを読む欲くらいしかないです><
マサオじゃなくてマダオが出てくるマンガとか・・・
2011/10/03(月) 23:01:02 | URL | 霜月 #n6ZIvpgw[ 編集]
霜月さんへ
マダオは、いいですね。
心が和みます♪

全然、意欲的じゃないっすよ~。
全体的にダラダラしてます。
読書も現実逃避かも。

マダオみたいに自由に(?)生きたい。

ピアノもダラダラ続けます。

2011/10/04(火) 21:45:53 | URL | sunny・トモリカ #1wIl0x2Y[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
乙一 『死にぞこないの青』(幻冬舎文庫)、読了。 今まで読んだホラー系作品の中で、相当ハイレベルなものでした。 (ま、怖がりの私が読むホラーなんて限られていますが・・・・) 大卒新人教師が受...
2011/10/09(日) 23:58:00 | 観・読・聴・験 備忘録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。